浜松市、マイナンバーカード普及促進へ 商業施設でも交付申請支援

 浜松市はマイナンバーカードの普及を図るため、10月以降各区役所の交付申請サポート窓口のスタッフを増員し、大型商業施設や確定申告会場でも順次特設コーナーを設ける。
 申請に煩わしい、難しいといった印象を抱く人のため、スタッフが写真撮影から書類の準備まで支援する。商業施設での窓口開設はイオンモール浜松市野、浜松志都呂で12月1日から2022年3月末まで。確定申告会場での開設はアクトシティ浜松で22年2月16日から3月15日まで。QRコード付きのマイナンバーカード交付申請書があれば一層スムーズに手続きできる。
 市は12月1日から23年3月末まで、住民票や戸籍証明書などの交付申請時にマイナンバーカードを示せば手数料を200円割り引くサービスも実施する。カードの普及で市民生活の利便性向上や行政の効率化を目指す。

いい茶0
メールマガジンを受信する >