富士宮市議長を逮捕 議長選、贈賄申し込み容疑 同僚に投票依頼

2019年富士宮市議会議長選を巡る贈賄申し込みの流れ
2019年富士宮市議会議長選を巡る贈賄申し込みの流れ
遠藤英明容疑者
遠藤英明容疑者
2019年富士宮市議会議長選を巡る贈賄申し込みの流れ
遠藤英明容疑者

 2019年10月の富士宮市議会議長選に絡み、同僚の市議に自身への投票を依頼し、見返りに現金100万円を渡そうとしたとして、富士宮署と静岡県警捜査2課は7日、贈賄申し込みの疑いで同市議会議長の遠藤英明容疑者(79)=同市小泉=を逮捕した。
 逮捕容疑は19年10月11日に行われた議長選の前日の同10日、自身に投票してもらいたいとの趣旨で、富士宮市内で同僚の市議に現金100万円の供与を申し込んだ疑い。
 関係者によると、市議は一度は遠藤容疑者から現金を受け取ったが、翌日、そのまま返したという。同署などは遠藤容疑者の認否を明らかにしていない。
 同議長選は当時の議長が体調不良を理由に辞任したことに伴い行われた。遠藤容疑者を含めた2氏が立候補し、当時の議長を除く全市議21人が投票した結果、遠藤容疑者は8票にとどまり、13票を獲得した別の候補が当選した。現金の供与を受けた市議は遠藤容疑者に投票しなかったとみられる。
 遠藤容疑者は2007年の市議選で初当選し、現在4期目。今年5月の市議会議長選では当選し、議長に就いた。
 同署などは5月の市議会議長選でも投票を巡って現金の授受などがあった可能性もあるとみて調べを進める。
 同署などは7日午前から、遠藤容疑者に任意で事情を聴いていた。

いい茶0
メールマガジンを受信する >