富士宮信金が職域接種開始 新型コロナワクチン

 富士宮信用金庫(山本勝則理事長)は新型コロナウイルスワクチン職域接種を同金庫本店で始め、このほど富士宮市の須藤秀忠市長が職域接種会場を視察に訪れた。

富士宮信用金庫の職域接種会場=富士宮市
富士宮信用金庫の職域接種会場=富士宮市

 職域接種は役職員らの接種を通じて顧客が安心して来店できる態勢を整える目的で実施した。対象は同金庫役職員とその家族ら約千人。1回目を3~5日に終え、2回目は10月1~3日の日程で予定する。市立病院の医師や看護師、薬剤師、取引先の開業医らが職域接種に協力した。申請手続きや会場運営では市から支援を受けた。視察に訪れた須藤市長ら市幹部を山本理事長が案内した。職域接種を進めることで地域全体の接種率向上にもつなげていく。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ