城内実氏(自民、衆院静岡7区) 地元活動デジタル化へ試行錯誤【とうきょうウオッチ/永田町便り】

 新型コロナウイルスの影響で地元の支援者や有権者とじかに接する機会が大幅に減少した。従来の「足」を使った活動を見直し、デジタル化への試行錯誤を続ける。
 「小規模であっても集会や会合がほとんどできず、オンラインによる対面などに注力せざるを得ない。もどかしさはあるが、うまく活用することで移動時間を節約しながらより多くの人とつながれるメリットも実感している。フットワークを生かす超アナログ的な形を徐々に変えるいいきっかけと捉え、デジタル社会における地元活動のあり方を模索したい」

いい茶0
メールマガジンを受信する >