静岡市、一斉休校考えず 田辺市長、学習機会の保障強調

 静岡市の田辺信宏市長は2日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う学校運営について「一斉休校は考えていない」との方針を示した。

静岡市役所
静岡市役所

 市は児童生徒が濃厚接触者に認定され自宅待機となった場合や、感染不安から登校を控えることを想定し、在宅でのオンライン授業の環境整備を進めている。田辺市長は休校をしない理由として子どもの学習機会の保障や居場所確保の必要性を強調した上で、「個人の希望や決断を尊重し、受け皿づくりに努めていく」と述べた。
 同市では、清水区の2カ所の児童クラブでクラスター(感染者集団)が発生し、100人を超える児童が自宅待機となっている。文部科学省のガイドラインを踏まえ、児童クラブで感染者が判明した場合の休所などの考え方をまとめた対応方針を策定することも明らかにした。
 (政治部・池谷遥子)

いい茶0
メールマガジンを受信する >