モデルナワクチン、職場接種で主に使用 静岡県内、企業戸惑い

 異物混入が見つかった米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンは主に職場接種で使用され、静岡県内の企業でも既に接種が進んでいる。
 職場接種を実施している県内の企業には26日朝、武田薬品工業から異物が混入した対象ロットについては使わないでほしいという趣旨の連絡が入るなどして、戸惑いが広がった。職域接種で使う予定だった一部ワクチンの使用見合わせを決めた社もあるが、全体の接種スケジュールに与える影響は軽微としている。
 職場接種の運営は基本的に自治体は関与せず、国と企業・大学間で行われるため、県は「詳細は把握していない。できる限りの情報収集に努めている」とした。国からは一連の事案について「(国から)企業に連絡しているとの通知が来た」とした。

いい茶0
メールマガジンを受信する >