追っかけわたしの特集

特集 : この人

静岡人インタビュー「この人」 伊藤広明さん 道の駅「伊東マリンタウン」の新社長

 伊東市出身。大学卒業後の1984年、故郷で働きたいとの思いから伊豆急行に入社した。別荘分譲地の営業や保養所管理を手掛けた伊豆急コミュニティーの立ち上げに携わった。伊豆急物産社長を務めた後、6月から現職。61歳。

伊藤広明さん
伊藤広明さん

 -就任の抱負を。
 「伊東の玄関口として市内観光に新たな周遊を生み出し、地域経済に貢献したい。地元に愛され、市民にも使ってもらえる道の駅を目指す」
 -営業のキーワードを。
 「従来の伊東観光のスタイル『安い・近い・短い』から一歩踏み出す『感・近・短』を考えている。『近・短』はコロナ禍で求められるマイクロツーリズムにつながる。その上で、面白さや興味をそそるものにお金を掛ける若者の心に訴える『感』を提供したい」
 -伊豆急で印象深かった仕事は。
 「伊豆急物産で売り出した真っ黒な黒船ソフトクリームや、伊豆高原駅での野菜販売などは好評だった。これから芽が出てくる仕事を残せたと思う」
 -コロナ後の展望を。
 「今は自粛を強いられているが、潜在的な旅行志向は高い。海外に行けない分、国内旅行の消費額も上がるはず。車移動も増えると思うので道の駅としてはチャンスがあると考える」
     ◇
 伊豆急時代は鉄道部門の経験がほぼなかったが、今回初めて“駅長”に。
 (伊東支局・山本一真)

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む