写真集「夏色フォトグラフィー」 焼津で出版記念サイン会

 静岡市葵区のフォトグラファー内田真之介さんが夏の風景と女子高生を被写体にした写真集「夏色フォトグラフィー」(インプレス・税込み1980円)の出版記念サイン会が15日、焼津市のBOOKSえみたす焼津店で開かれた。

撮影時のエピソードを語る内田さん(左から2人目)とモデルの女性たち=焼津市のBOOKSえみたす焼津店
撮影時のエピソードを語る内田さん(左から2人目)とモデルの女性たち=焼津市のBOOKSえみたす焼津店

 内田さんが2015年ごろから焼津市や静岡市、磐田市などの夏景色とともに、そこに住む女子高生たちの姿を記録した写真を一冊にまとめた。静岡市内で撮影した写真がSNSで話題を集めたことをきっかけに、出版化に至った。
 サイン会には内田さんと写真集でモデルになった女性3人が参加した。冒頭行われたトークイベントで、内田さんは撮影で苦労したエピソードを交えつつ「これまでの活動が一冊の本になったことが今でも信じられない」と喜びをかみしめた。
 焼津市内の花火を背景に浴衣姿の写真で登場する同市の大塚萌加さん(20)は「青春の1ページを撮影してもらった宝物の写真」と感想を述べた。
 同店では掲載写真の一部をパネルにして、今月末まで展示している。

いい茶0
メールマガジンを受信する >