熱海ブランド 申請11点を審査 ソムリエ田崎さん特別委員に

 熱海商工会議所と熱海市は17日、地元の魅力ある商品を熱海ブランドとして認定する「アタミコレクション エープラス」の審査会を同商議所で開いた。世界的ソムリエで同市在住の田崎真也さんを特別招聘(しょうへい)審査委員に迎え、新たに申請された洋菓子や漬物など11点を評価した。

新たに申請された商品の食味審査を行う田崎さん(左から2人目)=熱海市の熱海商工会議所
新たに申請された商品の食味審査を行う田崎さん(左から2人目)=熱海市の熱海商工会議所

 出品者や商品名が分からない状態で試食し、パッケージデザインや商品の独自性、熱海らしさなども審査した。2015年に認定された2商品の再認定審査も実施した。
 田崎さんは「平均レベルが高く、食味はどれもほぼクリアしている」と評価した。その上で「観光客がエープラスの認定商品を味わうことが、熱海を訪れる目的の一つになるよう、さらに対外的なPRが重要」と話した。
 審査結果は9月上旬に発表する予定。同商議所によると、エープラスは21年7月末時点で45事業所の82品が認定されている。
 

いい茶0
メールマガジンを受信する >