静岡市中央商店街 静岡県に協力金を要望 「まん延防止」受け

 静岡市中央商店街連合会(久保耕介会長)は11日、新型コロナウイルスの影響で疲弊する地元商店街の小規模店などに対する支援を県に要請した。

小規模店への支援を求めた久保会長(左から2人目)=県庁
小規模店への支援を求めた久保会長(左から2人目)=県庁

 同市に「まん延防止等重点措置」が適用されたことを受け、営業時間短縮や酒類の提供禁止に応じる大規模集客施設や飲食店だけでなく、小規模店への協力金支給を求めた。
 久保会長と静岡紺屋町名店街の服部功理事長、静岡呉服町名店街の中村陽史理事長が県庁を訪れ、藤原学危機管理監に要望書を手渡した。
 久保会長は「人出が少なく開店休業状態。大型店同様の支援をしてほしい」と求めた。藤原危機管理監は「関係部署に伝えて協議していきたい」と述べた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ