ドラッグストアで万引 職員を停職6カ月懲戒処分 森町

 森町は10日、袋井市のドラッグストアでトイレットペーパー1袋(260円相当)を万引したとして、住民生活課の男性主査(54)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。
 町によると、職員は7月20日午後8時半ごろ、店内で買い物して自家用車に戻った後、外に陳列してあるトイレットペーパーを盗んだ。従業員に通報され、事情聴取を受けた。盗品は精算し、店側は被害届を出さなかった。
 職員は同日、午前中は勤務し、午後から有給休暇を取得していた。太田康雄町長は「再発防止に向けて服務規律の確保に一層取り組み、信頼回復に努める」とコメントした。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ