端末活用の授業理解 静岡・美和地区の小中学校教員が研修

 2022年度から始まる「静岡型小中一貫教育」に向けて、静岡市葵区美和地区の4小中学校の教員がこのほど、合同研修会を安倍口小で開いた。子どもたちがデジタル端末を1人1台使う「GIGAスクール構想」に理解を深めた。

共同編集アプリを使った授業方法を学ぶ教員=静岡市葵区の安倍口小
共同編集アプリを使った授業方法を学ぶ教員=静岡市葵区の安倍口小

 美和中学校などで技術科目を担当する牧野仁春教諭が講師を務めた。ホワイトボードをクラウド上で共有する共同編集アプリを使った授業の進め方を紹介した。教員たちはボードに付箋を貼り付けるように意見を記す方法やアンケートの設定手順、課題と宿題の作り方などを学んだ。
 同小の伊藤舞花教諭は「端末を使ってどのような授業ができるのか勉強になった。効率的に授業を進めることで生徒の意欲や集中力を高めることができそう」と話した。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ