業績予想上方修正 エンシュウ

 エンシュウは6日、2022年3月期の連結業績予想を上方修正した。二輪など部品加工受注が想定より増加し、経常損益は期初予想の1億5千万円の赤字から1億円の黒字を見込む。
 売上高は3・8%増の249億円、純損益は3億円の赤字から9千万円の赤字とした。取引先のヤマハ発動機などからの受注回復を踏まえた。
 同日発表した21年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比13・9%増の58億3700万円、経常利益が27・2%減の1億4千万円、純利益が70・1%減の2500万円だった。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ