VR体験通し先端技術理解 浜松・天竜区の住民

 浜松市天竜区水窪町の地域活性化団体よかっつらみさくぼはこのほど、VR(仮想現実)の体験講座を同町で開いた。地域住民約10人が、先端技術への理解を深めた。

専用ゴーグルでVRの世界を体験した講座=浜松市天竜区水窪町
専用ゴーグルでVRの世界を体験した講座=浜松市天竜区水窪町

 携帯電話販売のエス・ティー・シー(静岡市)の担当者が、立体的な映像を通して臨場感ある雰囲気を味わえるVRと、スマートフォンの画面越しにアニメーションなどが現れるAR(拡張現実)の世界を紹介した。
 VR体験では参加者が専用のゴーグルを装着し、高層ビルの上部から四方を眺めたり、地上に飛び降りたりできる映像を体感した。
 水窪中3年の坂口愛心さんは「怖かったがおもしろい。生活で使えるようになれば、いろんなことが便利になると思う」と話した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >