東京五輪卓球 伊藤美誠が銅メダル 女子シングルスで日本勢初

 東京五輪第7日の29日、卓球は混合ダブルス金メダルの伊藤美誠(20)=スターツ、磐田市出身=が女子シングルス準決勝で敗れたが、その後の3位決定戦に勝利し銅メダル。この種目で日本勢初のメダルを獲得した。

卓球女子シングルスで銅メダルを獲得し笑顔を見せる伊藤美誠=29日夜、東京体育館(写真部・久保田竜平)
卓球女子シングルスで銅メダルを獲得し笑顔を見せる伊藤美誠=29日夜、東京体育館(写真部・久保田竜平)


 ■気持ち切り替え輝き 団体へ闘志
 東京五輪卓球女子の伊藤美誠は29日、都内の東京体育館で行われた準決勝で孫穎莎(中国)に敗れて3位決定戦に回り、ユ・モンユ(シンガポール)を4-1で下して銅メダルに輝いた。女子シングルスのメダルは日本卓球史上初。伊藤は混合ダブルスの金と合わせて今大会2個目のメダルを獲得した。
 勝利で終えても気持ちは複雑だった。「めちゃくちゃ悔しい。うれしいのに悔しい」。準決勝で敗れた孫は同い年。第2シードの長短織り交ぜたサーブに苦しみ、第1ゲームを3-11で落とすと、第2ゲームは9-3とリードしながら8連続失点で逆転された。強打が持ち味の孫に、故意に回転やスピードを落とされ、タイミングを崩された。ストレートでの完敗だった。
 7時間後に迎えた3位決定戦の相手は、準々決勝で石川佳純(全農)を破った難敵。伊藤は序盤、相手のサーブにてこずり、先行を許す苦しい展開となった。だが第3ゲーム途中からサーブレシーブに安定感を取り戻すと、得意の逆チキータやサーブ3球目攻撃などで得点を重ねた。
 「決勝と3決しか勝って終われない。気持ちが落ちても切り替えられた」とうなずく。「団体は私が全勝してチームにいい流れを持ってきたい」。シングルスの悔しさを晴らすつもりだ。
 (運動部・結城啓子)

いい茶0
メールマガジンを受信する >