五輪卓球メダル 偉業の陰に異色コーチ 松崎さん(浜松出身)選手実績なし、熱意の研究分析

 卓球の伊藤美誠(スターツ、磐田市出身)が29日、東京五輪のシングルスで日本女子初の銅メダルを獲得した。混合ダブルスの金に続く偉業を支えた松崎太佑コーチ(37)=浜松市出身=は、3位決定戦で勝利を決めた伊藤と“腕タッチ”で喜びを共有した。「勝った瞬間はうれしかったが、すぐに悔しさがぶり返してきた。優勝を目指してやってきたので喜び30%、悔しさ70%」。伊藤の心中を察し、松崎コーチは快挙を静かに振り返った。

卓球女子シングルスで銅メダルを獲得した伊藤美誠とともに笑顔で手を振る松崎太佑コーチ(左)=29日夜、東京体育館(写真部・久保田竜平)
卓球女子シングルスで銅メダルを獲得した伊藤美誠とともに笑顔で手を振る松崎太佑コーチ(左)=29日夜、東京体育館(写真部・久保田竜平)


 準決勝で孫穎莎(中国)に敗れた伊藤はあまりの悔しさに涙を流した。7時間後の3位決定戦へ、モチベーションが上がらない姿を見た松崎コーチは「今負けたことは忘れて、次が決勝だと思えばいい」と冗談混じりに提案。「そんなこと思えないよ」と反論されたが、気持ちを切り替えるきっかけを与えた。
 伊藤が中学進学を機に、大阪に拠点を移した時から専属コーチを務める。出会いは伊藤が5歳のころ。「子どもと接するのが好きだった」と、出身の豊田町卓球スポーツ少年団で指導を始めた。伊藤が小4の時に練習相手を務めるようになり、専属コーチになって8年、伊藤の指導に注ぎ続けた熱意と時間は、世界ランク2位として実を結んだ。
 中国出身者や元日本代表のコーチが多い中、松崎コーチの存在は異色だ。選手としての実績はない。自身の経験をもとに助言できない分、研究、分析に心血を注いだ。その熱意は水谷隼(木下グループ、磐田市出身)も一目置くほどだ。
 コロナ禍で大会が中止となり、気持ちが沈みがちだった伊藤。松崎コーチは「(戦う)相手が見えないこと、練習が試合に勝つために結び付かないことが面白くないのかな」と、ゲーム練習を取り入れるなど練習内容に工夫を凝らし、オフには近くの山へ連れ出すなど細やかな気遣いで伊藤を支えた。厚い信頼と絆で結ばれた二人で、日本女子卓球界初のシングルスのメダルをつかみ取った。
 (運動部・結城啓子)

いい茶0
メールマガジンを受信する >