感染100人超2日連続 警戒レベル「5」に引き上げ 静岡県、県境またぐ往来自粛要請【新型コロナ】

 静岡県内で29日、新たに108人の新型コロナウイルス感染が確認された。2日連続の100人超えは1月10日以来。感染急拡大を受け、県は国が示す感染状況を「ステージ3」(感染急増)に、独自の警戒レベルを「5」(特別警戒)にそれぞれ引き上げた。いずれも2番目に深刻な水準。

新型コロナ 静岡県 独自警戒レベル
新型コロナ 静岡県 独自警戒レベル
静岡県内の新型コロナウイルス感染者(29日現在)
静岡県内の新型コロナウイルス感染者(29日現在)
新型コロナ 静岡県 独自警戒レベル
静岡県内の新型コロナウイルス感染者(29日現在)

 川勝平太知事は臨時記者会見で「東部地域のステージは既に最も深刻な4相当」と説明。「放っておけば県全体が似た状況になる」とし、全ての都道府県への不要不急の往来を自粛するよう県民に要請した。
 県によると、県全体の直近1週間の人口10万人当たり新規感染者数は15・6人。ステージ3の基準(15人)を超え、東部はステージ4(25人以上)の26・7人。
 県は沼津市で新たに2件のクラスター(感染者集団)発生を発表した。カラオケスナックと事業所でそれぞれ計5人の陽性を確認した。
 静岡市の新規感染は14人。市は清水区の製造業のクラスターについて、市内で初めてインド由来のデルタ株による集団感染に認定した。浜松市は18人で、うち1人は浜松医科大付属病院の40代の女性医療従事者。
 県は29日までに、26日に公表した感染者1人を取り下げた。県内の累計感染者数は1万595人(再陽性者を含め1万596人)になった。

いい茶0
メールマガジンを受信する >