新規99人 27日の静岡県内、クラスター3件【新型コロナ】

 静岡県内で27日、新型コロナウイルス患者1人の死亡と99人の新規感染が確認された。感染者数が90人を超えるのは5月15日以来、約2カ月半ぶり。下田市と三島市で新たに計3件のクラスター(感染者集団)が確認された。県は「首都圏のこれまでにない規模の感染拡大の影響が東部に押し寄せている」として、感染対策の徹底を求めた。

静岡県内の新型コロナウイルス感染者(27日現在)
静岡県内の新型コロナウイルス感染者(27日現在)

 県によると、下田市のクラスターはバー「COCO だっけ」(東本郷)と、接待を伴う飲食店「ナイトパブ・ONE・TWO・THREE」(同)で、それぞれ従業員と客計6人が感染した。4連休などに店を利用した人に拡大検査を受けるよう呼び掛けている。
 三島市のクラスターは大学サークル関係者で、7人の陽性が判明した。県は参加者11人が特定されているとして、大学名などを非公表にした。
 静岡市は14人の感染を確認した。このうち5人が公表済みの陽性者の濃厚接触者で、9人は感染経路調査中という。浜松市が感染確認を発表した13人はいずれも市内在住で、うち1人は航空自衛隊浜松基地に勤務する30代の男性自衛官。
 県内の累計感染者数は1万368人(再陽性者を含め1万369人)となった。

いい茶0
メールマガジンを受信する >