下田のクラスター2件 感染対策「不十分」【新型コロナ】

 静岡県によると、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生を認定したと27日発表した下田市のバー「COCO だっけ」と接待を伴う飲食店「ナイトパブ・ONE・TWO・THREE」は、いずれも店員や客がマスクを着用していなかった。換気はされていたが、県は「感染対策が十分でなかった」としている。
 同市では22日にボランティア団体による会食クラスター、25日に友人同士による会食クラスターが起き、感染状況が急激に悪化。26、27日に飲食関連のクラスターが計3件相次いだ。県は5件のクラスター間に関連性があるとみている。
 同市の直近1週間の人口10万人当たり新規感染者数は316・6人で、国が示す感染状況のステージ4(爆発的感染拡大)の基準(25人以上)を大きく上回る。
 県は市全域の飲食店約630店舗を対象に28日から2週間、営業時間の短縮を要請し、感染の封じ込めを図る。30日まで市中心部の飲食店従業員らに拡大検査も実施中で、2日間に651人が検体を採取。結果が判明した346人のうち4人の陽性が分かった。

いい茶0
メールマガジンを受信する >