取引先と不正金銭授受疑いで調査へ 静岡のアイ・テック

 静岡市清水区三保の鋼材流通業アイ・テック(大畑大輔社長)は26日、同社の役員と従業員が取引先と不正な金銭のやりとりをしていた可能性があると発表した。同日開いた取締役会で設置を決めた弁護士らによる第三者委員会で解明するとしている。
 当該の取引先に対して法人税法違反の捜査が進められる中で、役員と従業員から取引先に外注費を過剰に支払って謝礼を受けていたと報告があり、判明した。第三者委の調査結果は適時公表するという。8月11日に予定していた2021年4~6月期の決算発表は第三者委の調査終了まで延期するとした。

いい茶0
メールマガジンを受信する >