なぜ感染者急増しているのか... 沼津市長「情報少ない」/下田市長「当該団体説明を」

 沼津、下田両市など県東部で新型コロナウイルスの感染者が急増していることを巡り、沼津市の頼重秀一市長は26日、「情報が少なく、なぜ急増しているのか分析できていない」と述べ、困惑の表情をあらわにした。
 頼重市長は同日、部長級以上の市幹部による感染症対策本部会議の後、報道陣の取材に応じ、「感染経路の詳細を把握できていない。市民の問い合わせにどう答えていいか難しい」と言葉を濁した。保健所を所管する県からの情報が断片的なため、営業時間の短縮を要請する飲食店の対象も業態を問わず広範囲に及ばざるを得ないとし、「県にはもう少し、出せる情報は出してもらえるとありがたい」と求めた。
 下田市の松木正一郎市長も同日の市議会全員協議会後に記者会見した。クラスター(感染者集団)が発生した市内ボランティア団体に「他団体が風評被害を受けている。正確な情報を当該団体が説明してほしい」と苦言を呈した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >