高齢者救護に貢献 新聞販売店を表彰 裾野署が感謝状

 けがで動けなくなった1人暮らしのお年寄りの救護に貢献したとして、裾野署は26日、三島市の新聞販売店MISH(ミッシュ)=旧三島新聞堂=と、社員の有田高太郎さん(44)、配達員新村正樹さん(37)に署長感謝状を贈った。

感謝状を受ける渡辺社長(左から2人目)ら=三島市のMISH
感謝状を受ける渡辺社長(左から2人目)ら=三島市のMISH

 同社などによると、6月28日に長泉町の80代女性宅に新聞を届けた新村さんが、2日分の新聞がたまっていることに気付いた。「よく庭いじりをする女性なのでおかしいと思った」と有田さんに報告した。
 29日に女性宅に新聞を配達した有田さんが状況を確認し、町役場を通じて同署に通報した。女性は足をけがして動けない状態で、的確な判断が女性の救護につながった。
 同社で開いた贈呈式で、山下安則署長が渡辺幸一郎社長と2人に賞状を手渡した。山下署長は「重大な人命救助をしてくれた」と感謝した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >