奥浜名湖商工会「ゆるキャン△」コースターを発売 浜松

 浜松市北区の奥浜名湖商工会(永田博一会長)はこのほど、同市が登場する人気アニメ「ゆるキャン△」のキャラクターを使用した「奥浜名湖ゆるキャン△SEASON2ストラップ付コースター」を発売した。ファンの来訪者増加を地域経済再生につなげようと企画した取り組み。奥浜名湖地域の飲食店や小売店などで販売している。素材は浜松産の天竜ヒノキを使用、デザインは登場人物の3人と奥浜名湖名物3種類を表裏に組み合わせている。カラープリントとレーザー彫刻の2タイプがあり、全18パターン。店によって取り扱い種類やパターンが異なる。販売価格は1個880円(税込み)。

販売を始めたコースター(©あfろ・芳文社/野外活動委員会)=浜松市北区細江町のカネモ鮮魚店
販売を始めたコースター(©あfろ・芳文社/野外活動委員会)=浜松市北区細江町のカネモ鮮魚店

 同商工会は、コロナ禍の影響が続く飲食・小売店の売り上げ回復の一手として力を入れている。山本武志事務局長は「グッズ販売で、アニメファンが地域のファンになってくれたら」とリピーター増加を期待。各店のPRや商品の購入も呼び掛けている。
 カラープリント版を販売しているカネモ鮮魚店の森口大さんは「地元の商店にとってありがたい。地域のことをもっと知ってもらうきっかけになれば」と話した。販売店情報は同商工会ホームページで紹介している。

いい茶0
メールマガジンを受信する >