楽しく食育学ぼう 地元野菜のピザトースト完成 浜松・南区のサッカー教室

 浜松市南区で活動する少年サッカースクール「スポジック・フットボール・アカデミー」は22日、スクール生に食材への関心を高めてもらおうと、南区産の野菜などを使った食育教室を同区の白脇協働センターで開いた。

南区産の野菜などを使い、ピザトースト作りを指導する斎藤さん(右から2人目)=浜松市南区
南区産の野菜などを使い、ピザトースト作りを指導する斎藤さん(右から2人目)=浜松市南区


 洋食屋みさくぼ(東区)の斎藤清治シェフ(44)がスクールのコーチを務める縁で初めて企画した。安心・安全な野菜作りを目指す市内の農業者グループ「おとなりさんち」が食材を提供。小学生や保護者ら25人がジャガイモやトウモロコシなど好きな具を乗せてピザトーストを焼き、新鮮な野菜を味わった。
 トマトとニンジンなど複数の野菜をすりつぶしたペーストを試食し、何の野菜か当てるクイズも実施。斎藤さんは「子どもに地産地消の大切さを知ってもらいたい」と話した。
 (浜松総局・瀬畠義孝)

いい茶0
メールマガジンを受信する >