果汁たっぷり ユズビール♡ 川根本町の特産物活用 KAWANEホールディングス

 しずおか食セレクションに認定されている「川根本町ゆず」をPRしようと、KAWANEホールディングス(同町)が県内のクラフトビール製造会社と連携し、ユズビールを開発した。22日から町内の飲食店や宿泊施設で提供する。

栓を開けたときに広がるさわやかな香りが特徴のユズビール=川根本町内
栓を開けたときに広がるさわやかな香りが特徴のユズビール=川根本町内

 KAWANE―が指定管理者として運営する「ウッドハウスおろくぼ」で宿泊者に町の特産物をいかした品を提供できないかとビールの開発に着手。牧之原市の「池田屋麦酒」との共同開発で製品が完成した。
 ビールにはユズの果皮、果汁をふんだんに使用した。KAWANE―の浜谷友子取締役は「栓を開けたときに広がるユズのさわやかな香りが特徴」と話す。450本限定。
 ウッドハウスおろくぼのほか、フォークノット・カフェ・スター(千頭)、カフェうえまる(同)、レスト&コーヒー 湖上駅カフェ(奥大井湖上駅)、三ッ星村(下泉)、求夢荘(寸又峡温泉)で提供する。大井川鉄道千頭駅の売店にも並び、一本880円(税込み)。

いい茶0
メールマガジンを受信する >