スズキ EV、脱炭素化で連携 トヨタ、ダイハツなど5社で軽商用車研究

 スズキとダイハツ工業は21日、トヨタ自動車といすゞ自動車、日野自動車が連携する商用車研究事業に参加し、商用車を軸にした軽自動車のEV(電気自動車)化、物流業界全体の効率化と脱炭素化に取り組むと発表した。国内軽メーカー上位2社が連携を強化し、次世代技術の活用で温室効果ガス排出量を実質ゼロにするカーボンニュートラルの実現に注力する。

スズキ、ダイハツなど5社連携のポイント
スズキ、ダイハツなど5社連携のポイント

 両社はトヨタなど3社が4月に事業を始めた新会社「コマーシャルジャパンパートナーシップテクノロジーズ」(東京都)に10%ずつ出資する。これまで大型トラック中心だった脱炭素化の枠組みを軽トラックなど軽商用車に一気に広げ、コネクテッドカー(つながる車)など次世代技術による物流効率化を業界全体で加速させる。商用EV開発に向けた技術協力も推進し、将来的には軽乗用車への技術転用も視野に入れる。
 スズキの鈴木俊宏社長、ダイハツの奥平総一郎社長、トヨタの豊田章男社長が同日、オンラインで記者会見した。鈴木社長は「環境に貢献する軽を市場に送り出す使命を果たすためには、単独では難しい」と連携の意義を強調した。具体的なEVの開発、市場投入の目標時期は示さなかった。

いい茶0
メールマガジンを受信する >