学校のお便り、行事 ネットで保護者に連絡 富士宮のIT企業開発 教員負担軽減

 富士宮市野中のIT企業「EGエンジニアリング」(芝切祐貴代表)がネット上で学校と保護者、児童生徒の3者間での情報共有に特化した教育用ICTツール「スクジュール」を開発した。芝切代表自身も教師だった視点を生かして学校現場の負担軽減を目的に設計。2021年度から地元の井之頭小などで導入が始まった。

新たに導入した教育用ICTツールを開く教員=富士宮市の井之頭小
新たに導入した教育用ICTツールを開く教員=富士宮市の井之頭小

 同ツールは3者をネット上でつなぎ、円滑な情報共有ができるシステム。これまで紙で配ってきた学校からのお便りや行事予定をネット上で一元管理し、保護者らに直接届けられるほか、児童生徒の学習記録の共有や保護者からの欠席遅刻早退の連絡をスマホやパソコンから可能にした。
 新たに導入した井之頭小で1年生クラスを担当する田村成教諭は「お便りを配る帰りの会は時間が少ない。保護者への連絡も多く、子どもたちを介さずに直接届けられるのは安心」と語る。望月泰司教頭は「職員の手間が削減できることで、子どもに掛ける時間が増える」と期待する。地域との関わりが深い井之頭小中では住民に配る資料も多い。住民向けにも、プリント配布と併せてツールの活用を広げていくという。
 都内や県内の高校で約12年間、教壇に立ってきた芝切代表は「生徒を思うあまり自分を捨てて仕事に励む教員は多い」と振り返る。「テクノロジーの力で少しでも先生の職場環境が改善できれば」と願いを込めた。
 (富士宮支局・吉田史弥)

いい茶0
メールマガジンを受信する >