ワクチン予約のアイコンを追加 富士市のLINE

 富士市は新型コロナウイルスワクチン接種予約用に導入した無料通信アプリ「LINE」の市公式アカウントを新たな情報発信ツールに活用する。2021年度内の本格運用に先行して20日から、新たにメニューアイコンを設けた。

メニューアイコンが追加されたLINEの画面=富士市役所
メニューアイコンが追加されたLINEの画面=富士市役所

 アイコンは市のウェブサイト、新型コロナウイルス関連情報、同報無線や火災・事件発生などの配信情報、防災の4項目。タップすると、それぞれ市のサイトに接続される。
 同市の公式ラインの登録者数は約4万アカウントに拡大。ただ、ワクチン予約が進むにつれて、通知をブロックする登録者が増加し、現在は約4千アカウントに上る。
 せっかく登録者を獲得したツールを情報発信に有効活用しようと、本格運用では、現在はワクチン情報のみのプッシュ通知にさまざまな役立ち情報を加えるよう検討する。
 市は、ブロックを希望する登録者には、通知設定をオフにすることを推奨している。

 

いい茶0
メールマガジンを受信する >