LDHの数値上昇し心配【診察室】

 【問】73歳女性。毎年人間ドックを受けています。LDH(乳酸脱水素酵素)の数値が昨年は202だったのが、433になりました。腫瘍マーカーの検査をオプションで受け、再検査で胸の検査をしました。心配することはないとのことでしたが、この先がん化することはないでしょうか。またLDHの数値が1年で急に高くなるのはなぜでしょうか。

 病気特定、数値だけでは困難
 【答】LDHは体内でブドウ糖がエネルギーに変化するときに働く体内の主要な細胞から流出する酵素です。主に血球、肝臓、心臓、腎臓、筋肉に異常が生じた時と、肝疾患や血液疾患(白血病、溶血性貧血)、心筋梗塞、筋疾患、がんなどの病気で上昇します。肺については間質性肺炎などで上昇します。体内の変動による数値上昇は、通常は1割以下です。病気以外に上昇する原因には、激しい運動をした直後や採血の際に赤血球が壊れてしまった場合もあります。
 LDHはさまざまな臓器や組織に存在するため、その数値だけで病気の特定をすることは困難です。LDH以外に数値が上昇した血液検査項目があれば、どこの臓器の障害かを推定することができます。例えば肝細胞が傷害されればAST(GOT)、ALT(GPT)の上昇を伴い、筋疾患ではCKの上昇を伴います。
 あなたの場合、昨年の2倍に数値が上昇していますが、貧血および白血球や血小板値の変動、肝機能異常、CK上昇、心臓の検査(レントゲンや心電図)に異常がなければ、まずはLDHの再検査をお勧めします。
 (回答・小柳津竜樹 静岡市立静岡病院消化器総合センター長)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ