バナナワニ園×反射炉ビヤ 第2弾はパパイア バナナも再発売

 伊豆の国市のクラフトビール醸造所「反射炉ビヤ」と、東伊豆町の動植物園「熱川バナナワニ園」は19日から、同園で収穫した完熟パパイアを使ったビール「伊豆パパイヤHAZY(ヘイジー)」を同園などで販売する。3月に同園のバナナを使って販売した「伊豆バナナワニIPA」に続く、同園のフルーツビール第2弾で、完売していた同商品も同日から数量限定で再発売する。

熱川バナナワニ園の完熟パパイアを使って醸造された「伊豆パパイヤHAZY」(右)とバナナを使った「伊豆バナナワニIPA」=東伊豆町
熱川バナナワニ園の完熟パパイアを使って醸造された「伊豆パパイヤHAZY」(右)とバナナを使った「伊豆バナナワニIPA」=東伊豆町

 両社は「コロナ禍で疲弊する伊豆から明るい話題を発信したい」と、3月に販売したバナナビールが好評だったため、同園で栽培する別の果実での醸造を検討した。その中で、夏らしい爽やかな味わいが期待できるパパイアを選んだ。パパイアのビールは全国的にも珍しいという。
 10品種約40株を栽培する同園のパパイアのうち、香りの強い「ブラジル大果」など4種を選び、14キロをピューレにして醸造した。山田隼平醸造長は「パパイアのこくやトロピカルな風味を際立たせるため、使うホップも厳選した。夏にぴったりの味に仕上がった」と特徴を語った。神山浩子副園長は「厳しい世相の中、ビールを飲んで笑顔になってほしい」と呼び掛けた。
 パパイア、バナナ共に330ミリリットル瓶で2100本を製造した。同園の通販サイトでは、予約も受け付けている。同園フルーツパーラーでは、1本750円で提供する。問い合わせは熱川バナナワニ園<電0557(23)1105>へ。
 (下田支局・尾藤旭)

いい茶0
メールマガジンを受信する >