三島で合宿 米バレーボール代表、ミニゲームで汗 練習一部公開

 東京五輪に向けて三島市で事前合宿を行っている米国男子バレーボールチームは16日、市内の体育館で報道陣に練習を一部公開した。

東京五輪に向けて練習に打ち込む選手=三島市内
東京五輪に向けて練習に打ち込む選手=三島市内

 事前合宿に訪れているのは選手12人とスタッフ8人。ウオーミングアップ中には、市内の小学生が作成したビデオメッセージや2019年に同市で実施したワールドカップ(W杯)事前合宿の映像が体育館の大型スクリーンで紹介された。選手らは映像を見ながら笑顔で拍手を送るなどリラックスした様子でコートに集まり、サーブ、トス、スパイクの練習やミニゲームなどで汗を流した。
 米国チームは世界ランク5位で、前回のリオ五輪では銅メダルを獲得した強豪。合宿中は毎日PCR検査を実施するなど新型コロナウイルスの感染対策を行いながら調整を続け、19日に選手村へ向かうという。

いい茶0
メールマガジンを受信する >