追っかけわたしの特集

特集 : この人

静岡人インタビュー「この人」 赤堀愁さん 菊川市でご当地タレントとして活動する

 劇団静岡県史に所属する俳優。落語や司会、ユーチューブチャンネル「菊川アエルTV」のパーソナリティーなど、ご当地タレントとして活動する。保育士。菊川市出身。21歳。

赤堀愁さん
赤堀愁さん

 -ご当地タレントとして活動する理由は。
 「最も力を入れているのは芝居だが、活動の幅を広げたいと思いタレントに。役者よりタレントの方が身近に感じると思う。これまでより親しみのある存在になりたい」
 -意気込みを。
 「市外の専門学校に通っていたこともあり、あまり地元に目を向けていなかったが、俳優活動を始めて菊川市は人があたたかくていい場所と感じた。タレント活動を通じて多くの人とつながり、みんなで菊川を盛り上げたい」
 -芝居を始めたのは。
 「保育系の専門学校に入学したとき、新しいことに挑戦しようと思った。知り合いに今の劇団に誘われたのがきっかけ。以来、劇団の公演や一人芝居などたくさんの舞台を経験した」
 -芝居の楽しさは。
 「演じている間、自分とは違う人になれるというギャップがおもしろい。幼いころから人を楽しませることが好きで、芝居もその延長にある。見た人が笑ってくれることが活動するエネルギーになっている」
     ◇
 7月22、23日に4人芝居「赤鬼」を菊川文化会館アエルで上演する。
 (掛川支局・伊藤さくら)

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む