点字付き地図寄贈 浜松視覚特支にNPO法人

 視覚障害者の支援に取り組むNPO法人「六星・ウイズ」(斯波千秋代表)などはこのほど、浜松視覚特別支援学校(浜松市中区)の創立100周年を記念し、点字付きの世界地図を同校に寄贈した。

廊下に設置された点字付き世界地図=浜松市中区の浜松視覚特別支援学校
廊下に設置された点字付き世界地図=浜松市中区の浜松視覚特別支援学校

 世界地図は縦1メートル、横1・6メートルの大きさ。280の国と地域を収録し、国名などに点字が施されたほか、国土の大きさや国境が分かるように凹凸が加えられている。触知案内板製作の「サン工芸」(京都府)が手掛け、斯波代表を通じて寄贈された。
 花島聖校長は「世界のスケール感を学ぶ教材が少ない中で、本当にありがたい」と感謝を伝えた。斯波代表は「五輪の開催など、世界を知る絶好の機会。多くの子どもたちに活用してもらえたらうれしい」と述べた。

いい茶0
メールマガジンを受信する >