テーマ : この人

静岡人インタビュー「この人」 松浦俊介さん 清水町議会議長に就任

 2003年に29歳で初当選し、現在5期目。副議長を経て、6月定例会で議長に選出された。飲料会社役員。47歳。

松浦俊介さん
松浦俊介さん

 -就任の抱負を。
 「コロナ禍で町が大変な状況だからこそ、各議員が町の課題を見つけ、解決策や先進事例を調査し、議会で取り上げる重要性は増している。活発な議会を目指したい」
 -議員になった理由は。
 「大学を卒業し、介護職員として2年間勤務した後、まちづくりをしていた父のNPO法人を手伝うようになった。文化芸術や福祉、地域振興の活動に携わった経験が生かせると思った。当時は若い議員が少なかったことも後押しした」
 -町の課題は。
 「税収減は大きな課題。税収を確保する手段の一つとしてふるさと納税に力を入れ、特産品を全国に発信する機会にしたらどうか。年少人口の減少も顕著で、0歳児の人数は10年前と比べて3分の1ほど減った」
 -大雨被害の影響は。
 「黄瀬川大橋が一部崩落し、不通になった。周辺道路の交通量が増え、通学路や生活道路への車両の進入による影響が懸念される。沿道の事業者は、客が激減して経営が厳しい状況に陥っている。支援が欠かせず、町や県に働きかけをしていきたい」
     ◇
 趣味のサッカーに加え、縄跳びやウオーキングで体形維持に努める。
 (東部総局・大石真聖)

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む