追っかけわたしの特集

特集 : 浜松市

聖隷福祉事業団 民営化へ支援充実 浜松学園増改築の起工式 

 聖隷福祉事業団は12日、運営する障害者就労支援施設の県立浜松学園(浜松市北区都田町)を増築・改修する工事の起工式を行った。2022年度からの民営化に向け、支援充実を図る。

増築棟のイメージ図
増築棟のイメージ図

 鉄筋コンクリート造2階建ての増築棟は居室を整備し、新たな作業メニューを拡張するためリネン工場や菓子工房などを設ける。既存施設では、2人部屋だった居室を個室にし、老朽化した設備を改修するなどして環境を整える。起工式で同事業団の青木善治理事長が「将来の夢を描き『なりたい自分』に向かう利用者を全力で支援していきたい」などとあいさつした。
 同学園は県立施設として50年以上、知的障害のある人の就労を目指した入所型訓練を続けてきた。民営化に伴い、指定管理制度導入で19年から運営に当たっている同事業団に移譲される。
 (細江支局・吉沢光隆)

いい茶0

浜松市の記事一覧

他の追っかけを読む