ブラジル選手団コロナ対策 接種率は85~100% 浜松市公表

 浜松市は9日、東京五輪事前合宿のために10日以降に浜松入りが予定されているブラジル選手団のワクチン接種率を発表した。6日現在で2回目の接種を終えた選手は柔道チーム(49人)が93%、卓球チーム(13人)が85%、新体操チーム(7人)が100%と明らかにした。
 このほか、事前合宿に帯同するブラジル五輪委員会(COB)のスタッフ7人の2回目接種率は100%という。浜松市民にブラジル選手団の感染対策の状況を理解してもらうために公表した。
 10日に到着予定となっている選手団の第1陣は柔道チームのうちの26人。五輪には出場せず、事前合宿のみ参加して帰国する練習パートナーも含まれるという。COBの通訳らスタッフ4人も同日到着する見通し。

いい茶0
メールマガジンを受信する >