アメリカ姉妹都市交流60周年グッズ 島田商高生がデザイン

 島田市国際交流協会はこのほど、米リッチモンド市との姉妹都市交流60周年を記念して、ポロシャツとトートバッグを製作した。島田商業高情報ビジネス科3年の鈴木心愛さん(17)がデザインを手掛けた。

記念グッズのデザインを担当した鈴木さん(中央)=島田市役所
記念グッズのデザインを担当した鈴木さん(中央)=島田市役所

 同協会はリッチモンド市のデアンザ高と姉妹校関係を続ける島田商業高にデザインを依頼した。授業の一環で複数の生徒が提案し、鈴木さんのデザインが採用された。
 鈴木さんはデザイン考案の過程でリッチモンド市を調べ、公園が多い点を魅力に感じたという。記念グッズにプリントされているマークは、島田市のSとリッチモンド市のRを表現し、公園の木と島田市の花「バラ」をイメージした柄に仕上げた。完成品を手に鈴木さんは「コロナ禍でもグッズを通じてつながりを感じてもらえたらうれしい」と話した。グッズの一部はリッチモンド市に送られた。
 ポロシャツは全6色で1着2千円、トートバッグは1500円。数量限定。市役所2階の市国際交流協会事務局で販売している。
 (島田支局・池田悠太郎)

いい茶0
メールマガジンを受信する >