OB若山選手に激励金 車いすラグビー 沼津市立高同窓生が贈呈

 沼津市立高の同窓生でつくる求道会は6日、東京パラリンピック車いすラグビーに出場する同校53期生の若山英史選手(36)=静岡銀行=に激励金を贈った。

激励金を若山さん(左)に手渡す田村会長=沼津市の原地区センター
激励金を若山さん(左)に手渡す田村会長=沼津市の原地区センター

 同校卒業生の五輪パラ大会出場は、ソウル五輪女子柔道66キロ級で金メダルを獲得した佐々木光さん以来という。同市原地区センターで行った贈呈式で、同会の田村光広会長(71)は「体調に気をつけ、目標に向かって頑張ってほしい」と述べ、激励金を手渡した。
 若山さんは「卒業から20年近くたつ今でも応援いただけてうれしい。パラ出場の目標は超えた。次は金メダルに向かって精進したい」と意気込んだ。
 若山さんは3度目のパラリンピック出場。16年リオデジャネイロ大会では銅メダルを獲得し、東京大会では金メダルの期待がかかっている。1次リーグでは優勝候補のオーストラリアと同組で戦う。若山さんは「戦い方は知り尽くしている。最後は気力でいくしかない」と見据えた。
 (東部総局・菊地真生)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ