大雨 熱海市で土砂崩れ発生 土石流で家屋多数流されたか

 3日午前10時半ごろ、熱海市伊豆山地区の伊豆山神社南西側で大規模な土石流が発生した。逢初川に沿って土砂が流れ、複数の民家がのみ込まれた。県によると、少なくとも19人が安否不明になっている。

土砂が流れ込んだ市街地=3日午前11時55分、熱海市伊豆山
土砂が流れ込んだ市街地=3日午前11時55分、熱海市伊豆山
熱海市伊豆山付近で発生した大規模な土石流=3日(ツイッターより)
熱海市伊豆山付近で発生した大規模な土石流=3日(ツイッターより)
土砂が流れ込んだ市街地=3日午前11時55分、熱海市伊豆山
熱海市伊豆山付近で発生した大規模な土石流=3日(ツイッターより)

 県は自衛隊に災害派遣を要請し、板妻駐屯地(御殿場市)から20人の初動対処部隊が現場入りした。県内の消防や隣県の緊急消防援助隊が救助活動に向かった。県は同市に災害救助法を適用する。市は、避難に関する5段階の警戒レベルで最も高いレベル5(緊急安全確保)を発令した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >