追っかけわたしの特集

特集 : この人

静岡人インタビュー「この人」 石田義和さん 浜松市北区長に就任した

 1988年、旧三ケ日町役場入庁。2005年の合併で浜松市職員になり、地域自治振興課、東京事務所などで業務に当たった。危機管理監代理兼危機管理課長を経て4月から現職。北区三ケ日町出身。56歳。

石田義和さん
石田義和さん

 -北区の特徴は。
 「浜松市は国土縮図型都市と言われているが、それをまたコンパクトにしたイメージ。浜名湖や山間部に加え人口が多い地域など、それぞれの顔を持つ魅力あふれる地域だと感じる。文化財も豊富で歴史があり、住民の皆さまの人柄も本当に温かい」
 -地元が職場になって。
 「18年ぶりに戻った。知っているようで知らないことが多いと感じる。しばらく遠ざかっていたので、地元で仕事ができるのは、やはりうれしい」
 -区政の課題は。
 「直面しているのは行政区再編。区割りについて案が示されるなど進展しているが、今後の北区づくりを考える中で難しい課題。それぞれの地域の良いところを持続させていくことが何より大切だと思う」
 -意気込みを。
 「区役所は市の組織で市民に一番近い存在。市民の立場で物事を考え、寄り添った仕事を心掛けていく。多様な特色を持つ各地域の良さを生かせるよう力を注いでいきたい」
     ◇
 休日は自宅のミカン畑で農作業をする。
 (細江支局・吉沢光隆)

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む