ニシキヘビ 飼い主に返還 浜松で発見、保護

 浜松市南区瓜内町の集合住宅で保護されたニシキヘビについて、浜松東署は30日、飼い主が判明し、返還したと発表した。

浜松市内で見つかったニシキヘビ(静岡県警提供)
浜松市内で見つかったニシキヘビ(静岡県警提供)

 29日夜に同市南区の男性が名乗り出て、30日に引き渡した。同署によると、男性はニシキヘビを自宅のケージで飼育していた。約1週間前に脱走していることに気づき、捜していたという。
 ニシキヘビは体長約1・5メートル。27日に同住宅のベランダで発見され、同署が保護した。

いい茶0
メールマガジンを受信する >