茶況(6月29日) 二茶仕入れ大詰め 静岡市中

 静岡市中の県産二茶は富士など東部から入荷。出回りが減少し、仕入れは大詰めを迎えている。
 前日比20~10円ほどの下落で、700円前後などで取引された。ドリンク関連業者以外の買い手は少ない。
 あっせん業者は「決まった買い手からの注文がほとんど。相場は大きく崩れずに終わりそう」と話す。
 週内の摘採終了を予定している東部の生産者は「茶園管理を工夫し、収量を確保することができた。ことしの相場なら二茶生産を続ける」と話す。
 静岡茶市場の二茶は午前10時現在、県内産2461キロ、県外産9439キロが上場した。

 藤枝 JA茶業部藤枝工場に2工場から3口1072キロが上場。出物の棒は650~250円。藤枝かおりの紅茶は2500円の値を付けた。
 島田、金谷、川根 川根本町茶業振興協議会は7月2日、町農林業センターで本年度の茶品評会を開く。
 榛原、相良 牧之原の生産者は「今期の単価なら茶農家を続けていける。来年も堅調な相場が維持されてほしい」と話す。
 掛川、小笠 茶商らはコロナ禍で「県外での販促イベントは難しかったが、県内では昨年より開催することができた」と話した。
 袋井、森 市場関係者の一人は二茶について「序盤は出回り量が限られたが、中盤以降に雨が続いたことで収量が一気に伸びた」と話す。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ