FDA静岡―熊本便10年ぶり復活 毎日1往復、7月16日から

 フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)は24日、静岡空港と熊本空港(熊本県)を結ぶ定期便を7月16日から約10年ぶりに就航させると発表した。ビジネスと観光利用を見込み、毎日1往復する。FDAは7月1日には新型コロナウイルスの感染拡大で減便していた既存路線の全便運航再開も控えていて、ワクチン接種の広がりを好材料とし、コロナ後を見据え〝安定飛行〟にかじを切る。

FDAの静岡空港発着路線(夏ダイヤ)
FDAの静岡空港発着路線(夏ダイヤ)

 FDAの楠瀬俊一社長は24日県庁で、神戸|青森線の夏期増便も合わせて発表した。静岡発着の新定期便就航は2019年3月の北九州線(ことし3月運休)以来2年3カ月ぶり。FDAの夏ダイヤの運航は23路線45往復(90便)、このうち静岡発着は5路線9往復(18便)になる。
 楠瀬社長は、コロナ禍による需要の落ち込みが続く中、ワクチン接種の広がりを受け「先の明かりが少しずつ見えてきた。まずは路線を張ってお客さんに知ってもらい、乗ってほしい」と熊本線復活の理由を説明。創業当初の09年7月から約2年間静岡―熊本線を運航していたことから「オリジナル路線」と表現し、マーケットに関する知識の蓄積があることも理由に挙げた。既存の福岡線や鹿児島線と合わせ九州周遊の旅での利用も想定しているという。
 熊本線の静岡空港発は午後3時50分、熊本空港発は午後6時10分を予定している。年間の搭乗率は65%、4万人の利用を見込む。
 楠瀬社長は会見に先立ち、川勝平太知事と県庁内で会談し、熊本線に対する地域のサポートなどを願い出た。川勝知事は「アフターコロナを見据えた素晴らしい贈り物をもらった。山梨や長野にも宣伝し『自分たちの空港だと思って使って』と宣伝する」と応じた。

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ