交通規制告知看板に落書き「ヤメロ」「ムリ」「めいわく」 沼津のコース付近【五輪聖火リレー】

 静岡県内で行われている東京五輪聖火リレーを巡り、沼津市のコース沿道付近に設置された交通規制の告知看板に、大会やリレーを中傷したとみられる落書きが23日、見つかった。リレーを主催する県実行委や沼津署も被害を把握し、器物損壊として現場を検証した。

ペンで落書きされた交通規制看板=23日午後6時ごろ、沼津市内
ペンで落書きされた交通規制看板=23日午後6時ごろ、沼津市内

 実行委によると、落書きは同市杉崎町の市道交差点から南へ約900メートルの区間の道路脇に設置された交通規制看板など、5カ所で見つかった。いずれも黒いペンで「ヤメロ」「ムリ」「めいわく」などと書かれていた。実行委に同日午後5時ごろ、同署から連絡があり、被害に気付いたという。
 現場付近は聖火リレーの通過に伴い、24日午後5時20分から3時間にわたって車両が通行止めになる。

いい茶0
メールマガジンを受信する >