テーマ : この人

静岡人インタビュー「この人」 新井博文さん 浜松市天竜区長に就任

 1983年旧佐久間町役場入庁。浜松市編入後は、同市職員として佐久間協働センターや天竜区役所に勤務。区振興課長、副区長を経て6月から現職。59歳。

新井博文さん
新井博文さん

 -就任の経緯は。
 「市の行政区再編を担当する推進事業本部の新設に伴い、岡安章宏前区長が本部長に就いた。後任は重責だが、これまでの方針を引き継ぎながら、円滑な区行政の実現に務めたい」
 -区の課題は。
 「市内で唯一の過疎地域を抱えている。人口減に伴う地域力の低下も深刻な問題。今、天竜区にとって非常に大事な時期だという認識がある。スムーズなワクチン接種も重要課題として注力したい」
 -どう取り組む。
 「地域の声に耳を傾けることが何より重要と考えている。本年度、配送物の包みにQRコードを印刷し、読み込めば地域の状況が分かるサービスを水窪町で試験的に始める。天竜のファンを増やす取り組みにも力を入れていきたい」
 -行政区再編について。
 「区の自治会連合会からも、市と議会に対して『単独』での要望書が出されている。これを住民の意見として尊重し、さらにより幅広い意見を聞き取れるよう努めたい。当局や議会への橋渡し役としての機能を全うできればと考えている」
    ◇
 自宅横の茶畑を家族で育てるのがライフワーク。
 (天竜支局・垣内健吾)

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む