追っかけわたしの特集

特集 : 東京五輪・パラ 静岡

「金メダルへ突き進む」 車いすラグビー若山(静岡銀行)、パラ代表内定

 東京パラリンピックの車いすラグビー日本代表に内定した若山英史(36)=静岡銀行、沼津市立高出=は21日、都内で開かれた代表発表会見で「すごくうれしい。金メダルに向かって突き進んでいきたい」と意気込みを語った。

東京パラリンピックの日本代表に内定し、意気込みを語る若山選手(右)=都内
東京パラリンピックの日本代表に内定し、意気込みを語る若山選手(右)=都内

 ケビン監督は選手選考について、チームの将来を見据え、若山らベテラン勢と若手のバランスを重視したとし、「世界のトップと渡り合う準備が整った」と強調した。
 日本は前回リオデジャネイロ大会で銅メダルを獲得し、2018年世界選手権で優勝した。東京大会では金メダル獲得の期待が掛かる。1次リーグはフランス、デンマーク、優勝候補のオーストラリアと同組で戦う。守備的な役割を担う「ローポインター」の若山らがいかに自陣でボールを奪い、速攻を仕掛けられるかが勝負のポイントになる。
 12年ロンドン大会から3大会連続出場となる若山は「ここまで気持ちを高めてやってきた。いいチームワークができている」と自信をうかがわせた。
 (社会部・市川幹人)

いい茶0

東京五輪・パラ 静岡の記事一覧

他の追っかけを読む