追っかけわたしの特集

特集 : この人

静岡人インタビュー「この人」 芹沢文代さん 消費者庁の表彰を受けた

 消費者支援活動に功績のあった人に消費者庁が贈る2020年度の「ベスト消費者サポーター章」に選ばれた。元県西部県民生活センター不当取引指導員。71歳。

芹沢文代さん
芹沢文代さん

 -受章の感想を。
 「とても光栄。この職業は認知度が低いと感じているので、今回の受章で消費者がトラブルに遭った時は相談ができるということを是非知ってほしい」
 -始めたきっかけは。
 「元々は消費者研究会という市民グループに所属し、悪質商法に対する啓発の寸劇などを行っていた。当時の天竜市消費生活センターの消費生活相談員が辞めることになったため、後任に手を上げて1998年に相談員となった」
 -消費者トラブルの傾向は。
 「仕事を始めた頃と今を比べると、全く異なる。最近はインターネット関連が目につく。通販で初回購入の割引につられて購入したところ、定期購入になっていたというケースは多い。コロナ禍では、巣ごもりに伴って通販や副業でのトラブルも増えた」
 -消費者に気をつけてほしいことは。
 「通販サイトなどの文章はよく読んでほしい。電話番号やメールアドレスの記載がない場合などは利用しない方がいい」
     ◇
 茶の魅力を広めたいと、日本茶アドバイザーの認定を受けた。
 (浜松総局・土屋咲花)

いい茶0

この人の記事一覧

他の追っかけを読む