田子重がTV最優秀 静岡県CMグランプリ ラジオは阪神電機工業

 静岡県広告協会(会長・大須賀紳晃静岡新聞社社長)は17日、第25回県CMグランプリの最終審査結果を発表した。最優秀賞はテレビ部門が田子重の企業CM「リクルート 今川さん、出会う編」など4編、ラジオ部門は阪神電機工業の「社名」編が選ばれた。

講評する審査員ら=17日午後、静岡市葵区
講評する審査員ら=17日午後、静岡市葵区

 テレビ部門53点、ラジオ部門16点の応募があった。審査員長の能登健裕氏(東急エージェンシー)は静岡市葵区で開いた会見で、「新型コロナウイルスで新たな広告制作手法や表現が求められている。来年も創意工夫にあふれた作品に出合えることを期待している」と語った。
 このほかの入賞作品は次の通り。

 【テレビ部門】優秀賞 三幸コーポレーション「桃太郎 リモートワーク」編、建設システム「求める人材」編、セキスイハイム東海「訪問者[空気・災害]」、静和ケミカルサービス「静和エンバイロメント『かんきょうじゅ・働き方』」編など、SBSマイホームセンター「MHC2021 走り続けた50年」60秒編など、静岡ガス「たよれる」編など▽奨励賞 建設システム「プログラマの座り方」編▽一般審査員賞 はごろもフーズ「シャキッと!コーン バタ☆コン レッツバタコ」編

 【ラジオ部門】優秀賞 京昌園「手のひらに」編、アフターホーム「二人とも」編、フォレストアドベンチャー・新城「確かめたい」編、SBS静岡健康増進センター「活舌」編、ルーズ「あるあるシャンプー」編など▽一般審査員賞 荒畑園「お茶にまつわる言葉」編

いい茶0
メールマガジンを受信する >