追っかけわたしの特集

特集 : 福祉・介護

感染防止、実地で学ぶ 静岡市の特養で新型コロナ研修会

 静岡市葵区の特別養護老人ホーム「厚生苑 清流の郷」(大檐豊施設長)で15日、新型コロナウイルス感染症の予防や拡大防止を目的とした研修会が開かれた。厚生労働省が全国の介護保険施設などを対象に展開している取り組みで、職員らが感染症発生時の対応や防護具の着脱方法などを改めて学んだ。

新型コロナウイルス感染症の予防や拡大防止に向けた研修会=静岡市葵区の特別養護老人ホーム「厚生苑 清流の郷」
新型コロナウイルス感染症の予防や拡大防止に向けた研修会=静岡市葵区の特別養護老人ホーム「厚生苑 清流の郷」

 静岡済生会総合病院(同市駿河区)感染管理認定看護師の杉村きよ美さんが講師を務めた。施設を巡回しながら、リビングで集う入所者に向けた感染予防のポイントや発熱時の初期対応、感染者と非感染者の活動範囲を分ける「ゾーニング」の手法などを解説した。
 医療用ガウンやマスクなど、職員の感染防止に有効な備品の正しい取り扱い方についても説明した。大檐施設長は「専門家の助言で実践的な対策が確認できた。すぐに改善していきたい」と話した。
 (社会部・松岡雷太)

いい茶0

福祉・介護の記事一覧

他の追っかけを読む