記者コラム「清流」 ミツバチが届ける魅力

 浜松市西区のはままつフラワーパークに養蜂箱が設置され、園内のバックヤードからミツバチが飛び立っている。同園と北区の長坂養蜂場がコラボ企画として4月に取り組み始めた。新たな商品開発を目指すという。
 先日、初採取した蜂蜜を試食する機会があった。黄金色にきらきらと輝く蜂蜜は園内の花々や、周辺の舘山寺地区の蜜源から集まった。その味はさまざまな花の香りが重なり、甘くてまろやか。ミツバチがせっせと飛び回って集めたと思うと、さらにおいしく感じられた。今後は園内のレストランで提供される。
 花の香りとともに、地域の自然の恵みをミツバチがもたらしてくれる。舘山寺地区の新たな魅力として多くの人に届いたらいい。
 (浜松総局・吉田直人)

いい茶0
あなたの静岡新聞 アプリ